フィット新型2013の価格

ホンダの「新型フィット」が発売されました。

 

今回で3代目となる新型フィットですが、やはり気になるのが価格。

 

価格ですが、フィット3と一言で言っても、グレードにより大きく変わってきます。

 

最安値は120万円代からあります。

 

人気のハイブリッド車となると、160万円代から200万弱といった価格設定になります。

 

もちろん排気量の違いやミッション、オートマチック、マニュアル、無段変速機などの違い、
駆動方式では前輪駆動、後輪駆動、4輪駆動があります。

 

これらそれぞれの組み合わせで価格が変わってくるのももちろんの事、乗り心地や運転の感覚も変わってきますので試乗して体感してみるのも大切です。

 

フィット新型は既に多くの方が予約しているようで、納車まで時間がかかるかもしれません。

 

ですから、購入を希望される方は早めの予約が良いと思います。

 

予約状況から見るとハイブリッド車が人気のようです。

 

なぜHV(ハイブリッド)がそこまで人気なのか?と言いますと、購入価格だけではない購入後の「燃費」にあります。

 

どれだけ購入価格が安くても燃費が悪ければ、ガソリン代がかさむと言った消費者の考え方が
ハイブリッド車人気につながっているようです。

 

もちろん、環境面での優位性も人気を押し上げている要因だと言えます。

 

 

 ネットで簡単!すぐに愛車の価格が分かるよ

 

 

新型フィットの納期

 

今回で3代目となる新型フィット。予定どおり9月5日に発表されました。

 

フィットシリーズは16年度までに世界で年間150万台の販売を計画しています。

 

そんな注目の新型フィットですが、ホンダによると、9月6日の発売時点で既に2.5万台の事前受注が入っているようで、早くも数ヶ月の納車待ち発生が予想されているようです。

 

そんな出だし好調の受注量ですが少し偏りがあり、事前受注2.5万台のうち7割がHV(ハイブリッドカー)となっています。

 

新型フィットHV(ハイブリッドカー)では燃費と価格でトヨタ「アクア」と競い合っており、価格面ではアクアの最廉価グレードの169万円を5.5万円下回る163万5千円に設定、そして燃費についても36.4km/Lとアクアを丁度1km/L上回るなど、ライバル意識全開のスペックとなっています。

 

このような事から納期に多少変動はあるもののホンダは月間販売目標は1.5万台とし、フィット3は埼玉県に新しく工場を設置し、現在フル生産されているようでアベノミクス効果、オリンピック効果への意気込み、対策が伺えます。

 

又2014年に消費税が増税するかも?との懸念もあるので消費者心理での購入が増える可能性が出るかもしれません。